プランごとに変わる葬儀|桐ヶ谷斎場の豊富な弔い方

住宅事情に合った供養とは

仏壇

カラーも形も豊富

地方から就職などで都会に出てきて、そのまま永住している方は大勢います。そのような方達の頭を悩ます問題に、見る人のいなくなった実家の仏壇や供養をどうするかがあります。一般に仏壇を引き継ぐのは長男が慣わしですが、現在は家族の形は様々に変わってきているので、近い親族の方でも良いとされています。では、もし、仏壇を引き継ぐ事になったら、どこに置くのか、という問題が出て来ます。現代のマンションや戸建てなどはほとんどが洋風住宅なので、実家の立派な仏壇を置く仏間や和室は設けられてないかも知れません。そんな住宅事情を受けて、最近はコンパクトタイプの仏壇に人気が集まっています。洋間に調和するモダンタイプ、位牌と遺影を飾る写真立てタイプ、普段は位牌や遺影は収納している木箱タイプなど、形や価格も様々です。小型で軽量なので、自由に移動ができるのでお祀りの場所を選びません。価格も手頃で、カラーも豊富にあり、インテリアとしても映える仏壇が出回っています。

これまでにない魅力

人気の理由は小型であるため、置く場所を選ばないという事があります。ローボードやチェストの上、本棚の間、あるいは壁に掛けたり、とこれまでの据え置き型の仏壇にはない様々な置き方が可能です。軽量なので持ち運びや移動もラクラクです。サイズも様々あるので、ちょっとした隙間に無理なく収める事ができます。カラーの豊富さも人気の理由です。従来の塗り潰し塗装の黒い仏壇は、他のインテリアとの調和は難しいものがありました。しかし、現代のモダン仏壇は白やブルー、ピンクなど、これまでになかったカラーも使われています。他のインテリアとの調和を壊すこともなくなります。おしゃれ感があり、素材も価格も様々にあるので、若い方達にも手が出しやすくなっています。小型であるゆえ、従来の大型仏壇に比べ、価格にも手頃感があるのも人気の理由の一つになっています。